TOP

ロジカルシンキング(論理的思考)の効用:常識を疑う

ビジネス人にとって、ロジカルシンキングを身につける最も大きなメリットは、「常識の罠(わな)」から解放されるチャンスが手に入るということです。

日常業務に追われ、ビジネス人の視野は常に「収斂する」傾向にあります。特に、仕事ができる人ほど、日常の仕事をこなすための「自分なりの型」「自分の仕事術」を作り上げてしまい、その「常識」の世界の中から抜けられなくなっているものです。

確かに、「今までうまくいっていたものを変える必要はあるのか?」という反論もあるでしょう。また、「地に足の着いた発想をするためには、常識を無視した思考方法は役に立たないし、かえって危険な方法ではないか?」ということもできるでしょう。

常識やこれまでの成功体験は大切です。また、事業を着実に発展させていくためには、これまでの経緯から発想することの方がリスクは小さくなります。また、実践の世界では、従来の経緯から事業展開するのが当たり前です。

しかし、ここで強調していることは、「従来通用してきた方法や考え方が今後も通用する確証はどこにもない」ということなのです。ですから、事業環境が不変で、大きな枠組みは変化させる必要がないなら、「常識」は常識として維持してよいのです。その際には、より小さな部分について、ロジカルシンキングしていくといいでしょう。伝統は、不断の改良によって生き抜いてきたものです。どんなに安定的な事業環境であっても、常に確信を遂げることは、事業の継続に役に立つものです。

もし事業環境や仕事の内容が変化しやすいのであれば、ロジカルシンキングを大きな枠組みにも応用できるということです。

社会が急激に変化する今日では、1分前は「常識」でも、1分後には「非常識」になるというようなことも珍しくありません。激動する環境の中にあって、常に環境分析を行い、事故の能力・資源を最適化することが、できるビジネス人に求められるのです。

そのときに、ロジカルシンキングは大きな貢献を果たしてくれます。それは普遍的な思考方法を提供してくれるからです。ロジカルシンキングは特にものめずらしいものではありませんし、「最新」と銘打つには古すぎるものです。反対に、伝統的な思考方法だからこそ、その高い通用性をうかがい知ることができます。

今、成功しているビジネスモデルや事業、仕事手順などを常に「懐疑的に」観察することがビジネス人として、今後さらに重要になるでしょう。現状のビジネスモデル、事業、仕事手順の強みと弱みを把握し、環境変化に対応した最適化を迅速に行う訓練を行うようにしましょう。

「環境がこのように変化したら、〇〇しよう」

これは、環境変化に対応するという問題についての仮説です。その仮説に基づいて、結果はどのように変化するのかを検証します。

このようなロジカルシンキングを常に行うことで、突発的な問題の発生にも迅速に対応することができます。