TOP > ロジカルシンキング基礎 > ビジネス人に必要となるロジカル思考

ビジネス人に必要となるロジカル思考

ビジネスで活躍しようという人にとって、ロジカルシンキング(Logical Thinking)、論理的思考は最も重要なスキルだといっていいでしょう。

そもそも、ビジネス人は、職種や業種の違いはあれ、「問題解決をする」ことが仕事の中心となります。必然的に、「問題解決の効率を上げる」ことが求められるわけです。ビジネス人として、評価されるためには、効率的に問題解決をしていくというパフォーマンスを出していかなければいけません。

そこで役に立つのが「ロジカルシンキング・論理的思考」なのです。

ロジカルシンキングのかたち


論理的思考は、学問・科学の世界で長年にわたって受け継がれてきた様式(スタイル)で、物事を客観的に分析し、問題解決していくための思考方法です。そして、ビジネス・実践の世界でも、その有用性は証明されてきました。実際、多くの革新的なビジネスモデルはロジカルシンキングの積み重ねによって導き出されたものでした。

そもそも、古来、成功した商人の多くは意識せずにロジカルシンキング、論理的思考で考え、行動し、多くの富を得てきました。確かに、シルクロードを旅して富を蓄えた商人のロジカルシンキングと、江戸時代の越後屋のロジカルシンキングは同じものではありません。時代と場所によって「勝てる論理」は異なるものです。しかし、その基本となる「ロジカル」な思考方法は、世界共通です。

ロジカルシンキングの定義


ここでは、ロジカルシンキングを以下のように定義します。

「問題を解決するための論理的な思考方法」

では、この「論理的」とは、どのようなことでしょうか?

論理的であるということは、何か「論」という型、決まり、ルール、システムに当てはめてみるということです。

ですから、ロジカルシンキングをわかりやすく、簡単に説明すると、

「問題を解決するために、問題を型に当てはめて考える方法」

ということです。